おすすめの手土産。丸昇の「いもようかん」

 
 
入谷からすこし歩きますが、入谷駅から徒歩で10分ほど。

 
バス通りを日暮里方面に進み、金曽木小学校をこえ、問屋「タジマ」の向かいにある「丸昇」。

 

 
「おでん」と「大学いも」の文字が看板におどります。

 
看板メニューだけあって、どちらも絶品です。

 
おでんは、小学生の頃、おつかいでよく買いに行きました。

 
冬の寒い日などは、近所のひとがお鍋を持って並んでいました。

 
私の順番になると、おじさんが「いらっしゃい。はい、お駄賃」と
お鍋からひとつ、熱々のウィンナーをくれました。

 
それをホフホフと食べながら、おじさんがビニールにおでんを入れてくれるのを待ったものです。

 
その「お駄賃」がいつも楽しみで、おでん屋さんへのお使いは買って出ました。

 
丸昇は今年で40年目を迎えます。

 
先日、おでんを買いに行ったら、おじさんが

 
「おねーちゃんはいくつになった?おじさんもう82歳になっちゃったよ」と。

 
おじさん、私もいい歳ですよ(笑)

 
でも、おじさんは変わらず「はい、お駄賃」と、こんにゃくを1つ、くれました。

 
こちらはテレビや雑誌でもよく紹介されています。

 
「大学芋」が取り上げられていることが多いようです。

 
お店のなかで奥さんが、1本1本丁寧に皮をむき、面取りをしています。

 

 
外はカリカリ。大学いもにありがちなゴワツキがまったくありません。

 
中はしっとりホクホク。とても香ばしい蜜が芋の香ばしさをさらに引き立てます。

 
おでんも大学芋も、どちらもオススメですが、もう1つ。

 
「芋ようかん」があります。

 

 
いい芋が手に入ったときだけ、作るという「いつもあるわけではない」芋ようかんです。

 
芋ようかんというより、なめらかな芋そのものといった感じです。

 
さつまいもって、そもそも、ふかしたままですでに極上のスイーツですもんね。

 
その極上のスイーツの、皮をむいてくれて、いいところを凝縮してくれたような、そんな芋ようかんなんです。

 
いもいもしていて、しっかりと、しっかり芋の味がします。

 
ほどよく粗い粒が残っていたりして、素朴な質感。

 
さつまいも本来の甘みを楽しむことができます。

 
この芋ようかんも、お店のなかで1つ1つ、手作業で作られています。

 
その証拠に、おじさんの腕には「こねだこ」があります。

 
確実に手に入るものではないのですが

 
手土産にオススメです。

 
 

◆丸昇(まるしょう)◆
住所:荒川区東日暮里4-2-1
電話:03-3807-0620
営業:11時~19時
定休:日曜・祝日