大正モダン建築「旧 坂本小学校」。

言問い通りの喧騒に静かに佇む小学校。
「坂本小学校」をご存知ですか?
入谷鬼子母神を通りすぎると、校舎が見えてきます。


「坂本小学校」は1996年に閉校となり、小学校としてのその役目を終えました。


言問通りから脇の小道を入ると、小学校の玄関部分が姿を現します。
坂本小学校の前身である「第五中学区第一五番公立小学下谷学校」は、明治8年(1875年)に開設されました。
その後、明治32年に下谷小学校から独立し「入谷尋常高等小学校」として創立され、明治41年(1908年)に「入谷尋常小学校」と改称。



大正15年(1926年)に木造校舎を改築し、鉄筋コンクリート造の現存の校舎に竣工しました。
その3年前の大正12年(1923年)に関東大震災が起こりました。
大正15年の改築は、関東大震災後の“復興小学校”として建てられたものでした。
“復興小学校”とは、震災後に、国と東京市が連携して実施した「帝都復興事業」(大正13年から昭和5年まで実施)の一環として建築された小学校のことです。
東京市内で117校の小学校が鉄筋コンクリート造の不燃建築で再建されました。
台東区は、関東大震災で全面積の約48%。浅草区では地震直後に同時多数が出火し、約96%が消失しました。
そのため、台東区は東京市内の他の区と比較しても数多くの復興小学校が建てられました。
台東区内の復興小学校は全部で33校でした。
そして戦後の高度成長を過ぎ、安定成長期になると小学校の統廃合や老朽化による建て替えなどにより、台東区内で当時の建物が現存する復興小学校は6校まで減少しました。
現役の小学校は「黒門小学校」と「東浅草小学校」の2校です。
現存する6校は、竣工から90年を経過し、老朽化が進んでおり、現在の耐震基準を満たすためには補強工事などが必要で、現状のまま長期的に維持・利用していくことが困難な状況です。
そのため台東区では校舎を維持・利用し、有効活用していくため、幾度となく話し合いがもたれています。
坂本小学校はこれまで、民間共同住宅の建設が検討されてきましたが、地域の合意には至りませんでした。


その後、東京藝術大学や東京都への貸付などを行うなど暫定的に活用し、維持を図ってきました。
そして現在は、「既存校舎は解体し、公募による大学誘致」をたたき台として検討されているそうです。


その一方で、復興小学校のもつ歴史性や建造物のもつ歴史的価値などを考慮し、可能な限り既存校舎を活用する方向も検討されています。
パラボラ状の階段室や、楕円状になっている玄関部分は、その当時日本で流行していた表現派といわれるモダンなデザインが用いられているそうです。
存在が危ぶまれているだけに、大正時代の建築を間近に見ることができるのは「今」だけかもしれません。

参考文献:「帝都復興事業図表」(東京市役所/昭和5年発行)