丸鶏ダシの旨みを極めた醤油ラーメン「七麺鳥」

 
言問通り沿いにあった時からファンでした。
 
言問通りのセブンイレブンの隣にカウンター6席ほどの小さなお店。
 
名前は「御神本」
 
濃厚豚骨の「ねぎみそ」が好きでした。
 
ものすごく個人的な話ですが、わたくし「ねぎ」が大好きです。
 
ラーメンを頼むときは必ず「ねぎ」をトッピングします。
 
家でカップラーメンを食べるときも、ねぎを刻み、蓋が閉まらないほどねぎを入れて、お湯を注ぎます。
 
そんなネギラーからひとこと言わせていただいてもいいですか。
 
トッピングのねぎって、わざわざ100円とか払ってるのに量が少なくないですか?
 
「ねぎそば」を名乗ってるのに、ねぎ少なくね?って思いません?
 
このくらいネギがのっていないと「ねぎらーめん」ってネギを冠につけちゃいけないと思うんです。
 
こちら御神本の「ねぎみそ」です。
 

 
香味油をまとったネギは、シャキシャキ感が生かされたままにオン・ザ・ラーメン。
 
このねぎに濃厚スープをからめて食べると、若干の黒コショウの辛味も混じり合って口の中にとてつもない幸せが訪れるのです。
 
そんな「御神本」がいつの頃からか二毛作になりました。
 
「七麺鳥」と「御神本」
 
曜日によって豚骨と鶏出汁が味わえるお店になりました。
 
店主はもともと豚骨スープの出身の方だそうです。
 
そんな店主が秋葉原の超人気ラーメン店くろ喜のご主人とともに鶏出汁をはじめたのが「七麺鳥」なんだそうです。
 
現在は、鶯谷に移転しました。
 

 
こちらは「特製醤油ラーメン」です。
 

 
鶏油がキラキラと美しいラーメンです。
 
スープを飲むと、突出感のないやわらかな味わいと、ふくよかな風味が口のなかに広がります。
 
最初にふわっと潮が香るのは昆布でしょうか。
 
そしてその後に訪れる芳醇な鶏出汁の旨みとコク。
 
醤油の厚みのある深い味わい。
 
研究に研究をかさねたブレンドで鶏の旨みを引き出しているのでしょうね。
 
そしてこのスープにピッタリの麺。
 
こちらは東京を代表する人気製麺店「浅草開花楼」が同店のためだけに作る特注麺なんだそうです。
 
なるほど、スープの持ち上げも抜群によいです。
 
チャーシューは鶏むね肉と豚バラ、豚ロースの3種類。
 
それぞれが独特の風味を醸し出しますが、決してスープの味を邪魔せず、スープと好相性。
 
スープを見事に引き立てています。
 
あ、そっか。
 
このラーメンは、丸鶏だしの旨みを極めたスープを、いかにして旨く味わうか。というラーメンなんですね。
 
鶯谷もいまやラーメン激戦区ですが、近所にこんなラーメン屋さんがあるとはうれしい限りです。
 
 

◆中華そば 七麺鳥◆
住所:台東区根岸2-18-23
電話:03-3875-2014
営業:月〜金 11:00〜14:30
18:00〜22:30/土日祝 11:30〜15:00
18:00〜22:30※日は21:30