鍋の〆は「入谷 大勝軒」の つけ麺 の麺で。

鶏の玉ひもが手に入ったので、今夜は鶏もつ鍋にすることにしました。

玉ひもって見たことありますか?

関西の方ではスーパーで肉売場にふつうに並んでいるのを見るのですが、東京ではあまり見かけないように思います。

こちらがその玉ひも、についている卵黄です。

体内で成長途中の卵で、排卵前の卵黄です。

数珠状につながっているんだそうです。

場所でいうと「8」

煮物やすき焼きに使うことが多いようです。

それと、焼き鳥屋さんで出すところもありますね。

よ~く煮詰めると味がしみてとっても美味しいですよ。

お酒のあてにもってこいの一品です。

ということで、我が家ではもつ鍋風にします。

そして、鍋といったら「シメ」をどうするか。

これヒジョーに重要な問題かと思います。

我が家は、だいたい鍋のシメはこれにしています。

麺です。

生麺です。

「鍋をやる」と決めた日は、こちらへ麺をわけてもらいに行きます。

入谷大勝軒」です。

金美館通りをすすみ「いなげや」を右折し、言問通りに向かうまでの途中にあります。

「大勝軒」は、ご存知の方も多いと思います。

つけ麺の考案者である山岸一雄氏が東池袋の地に開いたラーメン店です。

こちらの入谷大勝軒は、その大勝軒の暖簾分け店です。

店内には10席ほどのカウンター席があります。

メニューには「特製もりそば」や「中華そば」が。

持ち帰りの生麺は店員さんに声をかけます。

麺は1袋(2玉)で250円です。

店員さんに注文すると、麺箱から取り出し、袋に入れてくれます。

その間、ラーメンを食べて行こうかという衝動に駆られますが、ここは我慢です。

お客さんが美味しそうにラーメンをすすっている姿を横目に、お金を払い、店を後にします。

ストレートの太麺です。

この麺を、もつ鍋のシメに茹でます。

3、4分くらいでしょうか。

鍋に張り付き、麺を上げる絶妙のタイミングを見守ります。

そして頃合いを見て、麺を上げ、お椀にうつし、もつ鍋のスープをかけます。

ツルッツルのモチモチっとした麺と、もつ鍋のスープがよく絡み合います。

そして一気にすすり切ると

「ふぅ〜〜食べた食べた」

と、幸せの満腹感に満たされ

ごちそうさまでした!

心もお腹もしっかり締まります。

◆入谷大勝軒◆
http://www.oragamachi.jp/inshoku/taisyouken/iriya/