浅草 ペリカンのパンを近所で買う方法。

 
こどもの頃からタカヤマパン・ラバーですが、ときどき、ペリカンのパンに浮気をしてしまいます。
 
今やその人気は全国区となった浅草の老舗パン店「ペリカン」。
 
創業は昭和17年(1949年)。ロールパンと食パンとバンズの3種類のみを作っています。
 
私はペリカンのロールパンが大好きで、子供の頃から食べています。
 
自転車でひとっぱしり、で、買いに行けるのですが、最近は、もっぱら、こちらで買わせていただいています。
 

 
「立忠製印所」さんです。
 
根岸の防災公園の手前にある製印屋さんです。
 
以前こちらのお隣に「フクミヤ」というパン屋さんがありました。
 
そちらでペリカンのパンを売っていたのですが、フクミヤさんは閉店されました。
 
現在は、お隣の立忠製印所さんで引き継がれ、販売されています。
 

 
こちらのパンが購入できます。
 
「確実に欲しい場合は予約してください」とのことです。
 
朝の10時30にペリカンの配達がまわってくるので、その日の朝10時までに予約すれば、取り置いておいてくれます。
 
私は今日は、予約をしておらず、用事で前を通りかかったので、のぞいてみたら、まだ2つだけ残っていたので、こちらを購入しました。
 

 
山型半 480円
 
小ロールを確実に買いたいときは、前日に電話で予約をして、翌日、取りにうかがっています。
 
入谷駅から徒歩7、8分です。
 
小野照崎神社を通りすぎ、金杉通りを渡り、スクランブル交差点を左に曲がり、銀行を越えたところにあります。
 

 
引き戸を開けて入ると、正面にパンがおいてあります。
 
ご主人と奥様がたいてい、いらっしゃいます。
 
「パンをとりにきました」と言えばすぐ、取り置き分のところからとってくださいます。
 
娘と一緒に取りに行くと、いつも「お母さんのお手伝いしてえらいね」と、ラムネをいつもくださいます。
 
この界隈からだと、いちばん近いところでしょうか。
 
合羽橋商店街のお肉屋さん「さがみや」さんでもおいてありますね。
 
ペリカンのパンを確実に、近所で買うときは、ぜひ、ご利用してみてください。