「まなびごと 」有名ブランド ジュエリーデザイナーが教える イヤリング制作ワークショップを開催しました。

去る3月31日(日)に台東区生涯学習センターにて【まなびごと・有名ブランドのジュエリーデザイナーが教えるイヤリング制作ワークショップ】を開催しました!

講師にジュエリーデザイナー・佐野香澄さんをお招きし、近所の小学3年生、4年生、5年生、川崎から飛び入り参加してくれた4年生と、お母さん方が集まり、みんなでイヤリングづくり。

佐野さんは、2001年 東京造形大学造形学部プロダクトデザイン科卒業し、卒業後ジュエリーデザイナーとして 「4℃」「ENUOVE」「agete」 などで、ファッションジュエリーやブライダルジュエリーを手がけている方です。

2015年には、自身のつくるアクセサリーで、ワクワクとした気持ちになってもらえたらと、天然石をメインとする、多くの人が手に取りやすく気兼ねなく身につけられる価格帯のブランド「Southbound」を立ち上げ、「Southbound」は現在「minne」にて販売中で、掲載すると即完してしまうほど高い人気を集めています。

前半は、ジュエリーデザイナーはどんなお仕事をするのかというお話や天然石についてなどを聞き、

佐野さんがイヤリングのデザインをするときに描く“デザインラフ”を、実際に目の前で描き、みんなで見学。

スラスラと描かれていくイヤリングのデザイン画に、みんな見入っていました。

後半のワークでは、各自でイヤリングを作っていきます。

まず、18種類の天然石をじっくり見て、好きな色、好きなカタチ、好きな輝きなどから自分の気に入った天然石を選び出します。

みんな、一粒、一粒、手にとり、光にかざして輝きを見たり、いくつかの石を並べ、石の色味や大きさ、カタチを見比べたりして、じっくりと石を見ていました。

そして石が選び終わったら、席へ戻り、イヤリングのデザインを考えます。

選んだ天然石を使い、どのようなイヤリングにするかデザイン画を描き、イヤリングへと仕上げていきます。

参加した子どもたち、大人もみんな、天然石を1粒1粒まじまじと見て、石を選び、選んだ天然石をどんなイヤリングにするか、手と頭を動かし、デザインを描いては考え、描いては考え、試行錯誤していました。

デザインが決まったら、石とパーツをつなげていき、イヤリングへと仕上げていきます。

やっとこを使い、丸カンでつないでいきます。

できあがったイヤリング(大人の方は希望でピアスに)は、どれもみんな個性的で、デザインもさまざまで、世界に2つとない、とてもステキなものでした。

子どもたちは、完成したイヤリングを早速、耳につけ、みんな、うっとりしていました(笑)

香澄先生、改めまして、ありがとうございました。

また「まなびごと」を開催しますので、ご興味のある方は、ぜひぜひご参加ください!