読み聞かせ講演会「塚本やすしの絵本読み聞かせショー」が開催。

 

1月28日(土)に中央図書館で絵本作家・塚本やすしさんによる読み聞かせ講演会が開催されます。

『このすしなあに』『はしれ!やきにくん』、谷川俊太郎氏作による『ふたり★おなじ星のうえで』『そのこ』などがある絵本作家の塚本やすしさん。

絵本作家として以外にも『小説新潮』の表紙絵や重松清『とんび』(東京新聞連載)、『くちぶえ番長』の挿絵も手がけるなどイラストレーターとしても活躍。

また、墨田区で生まれ育った塚本さん。エッセイ『猫とスカイツリー 下町ぶらぶら散歩道』(亜紀書房)などもあります。

塚本さんの絵本には “笑顔” がたくさんつまっていて、こどもから大人まで楽しむことができます。

「文は人なり」という言葉がありますが、塚本さんはきっと楽しくユーモアあふれる方なのかと作品よりお見受けします。

講演会もきっと、楽しく笑顔があふれ、絵本がもっと好きになる、そんな会になるのではないでしょうか。

1月5日(木)9:00より、中央図書館こどもとしょしつカウンターまたは電話(5246-5911)にて参加受付がはじまります。

先着順で定員は30組(家族単位で申し込み。こどものみ、大人のみは不可)です。

詳しくはコチラにてご確認ください。

 

ちなみに我が家では『おでんしゃ』が人気です。

おでんの電車が南は沖縄から、関西、関東、そして最後は北の北海道まで走ります。

にぎやかでワクワクするストーリーで、日本の地理の勉強にもなります(笑)

◆ 読み聞かせ講演会「塚本やすしの絵本読み聞かせショー」◆
日時:2017年1月28日(土)14:00~15:30(30分前開場)
場所:生涯学習センター4階 407研修室
対象:中学生以下の子どもとその保護者
定員:30組(先着順)
料金:無料
問合せ:台東区立中央図書館 児童担当(03-5246-5911)